フローリスト メーコ

フローリスト メーコはアートフラワー、プリザーブドフラワーを使ったアレンジメントやヘアクリップ等のグッズ専門店です

TEL

03-6667-4434

トップ › アートフラワーとプリザーブドフラワーの違いについて

アートフラワーとプリザーブドフラワーの違いについて

フローリストメーコで扱っているアートフラワーとプリザーブドフラワーですが、それぞれに特徴がありおススメできるシチュエーションが異なります。
ここではアートフラワーとプリザーブドフラワーの違いが分かりやすいようにまとめました。
以下のような特徴を商品検討の際のご参考にしていただけますと幸いです。

プリザーブドフラワー

本物の生花を薬品に漬け込むことで水分を抜いて枯れないように加工した花材

長所
  • ・元が生花なので2つと同じ形がなく、美しい
  • ・水やりの必要がなく、長持ちする
  • ・花粉によるアレルギーの心配がない
短所
  • ・生花を加工しているので高価になりやすい
  • ・生花よりもデリケートで破損しやすい
  • ・湿気に弱い
  • ・紫外線に弱いので保存環境によっては退色する
  • ・布等に接していると色移りすることがある
推奨される利用場面
  • ・プレゼントとして
  • ・お見舞い用のお花として
  • ・ウェディンブグーケとして
  • ・ご自宅用の飾りとして

アートフラワー

ポリエステルや布などの人工的な材料で作られている花材

長所
  • ・丈夫で保存環境に左右されにくく長持ちする。
  • ・高級なものは生花と見分けがつかないほどリアル
  • ・ヘアクリップ等プリザーブドフラワーの利用が難しい商品にも利用できる
  • ・色移りの心配が少ない
短所
  • ・商品を厳選しなければ、偽物っぽくなってしまう
  • ・贈り物としてはプリザーブドフラワーや生花のほうが喜ばれることが多い
推奨される利用場面
  • ・ご自宅用の飾りとして
  • ・ヘアクリップ等身に付けるアクセサリーとして
  • ・舞台衣装の一部として
  • ・店舗、オフィス向けのプレゼントとして